Santa Cruz Bicycles

ショーン ベルがケンダカップシリーズを3年連続で優勝!

サンタクルズバイシクルズのライダー、神童ショーン ベルは両タイヤのパンクにも負けずにビッグ ベアーで行われたケンダカップシリーズ CAT1 MEN 15-16 XC チャンピョンシップを制しました。

ハイボール カーボンに乗ったショーンはグループをリードするペースを保っていましたが、約8キロの地点でパンク。止まって修理を行いますが、その後すぐにまたパンクすることに。後輪がパンクした状態で約6〜8キロ走り続けたところで、さらに前輪までもパンク。最後の約16キロは両方のパンクしたタイヤのために乗ったり走ったりと過酷な状態が続きましたが、その日を5位で終えシリーズ全体のチャンピョンの座を3年連続で獲得しました。

両方のタイヤがパンクした状態で走るシーン ベル

シーン ベル - 2014 ケンダカップシリーズ結果:

- Vail Lake – 1st Place
- Bonelli Park – 1st Place
- Fontana – 1st Place
- Big Bear – 1st Place
- Big Bear Finals – 5th Place
- Series Overall - 1st Place

シーン、チャンピオンシリーズの優勝おめでとう!

6月 18 — 2014 | Big Bear, California | ニュース

You are viewing the site. Is that correct? YES NO - Choose Region