Santa Cruz Bicycles

フォート ウィリアムでマイルストーンを祝うシンジケート

シンジケート レースレポート - ワールドカップ第3戦、スコットランド フォートウィリアム

2014年6月8日
スコットランド フォーロウィリアム

100戦目のワールドカップに挑むグレッグ ミナー

伝統的なフォート ウィリアムで開催されたダウンヒルワールドカップには何千人という熱狂的なファン(と虫たち)が総出で駆けつけました。このレースはグレッグ ミナーにとってダウンヒルワールドカップ100戦目という記念すべき大会でした。そしてスティーブ ピートは40歳の誕生日を間近に控え、そんな彼を祝うために特別なヘルメットが用意され剣の贈呈式が行われました。ピットでも皆で2人の記念すべき日が祝われました。

ワールドカップ100戦目のグレッグ ミナーと40歳の誕生日が間近に迫ったスティーブ ピートが同時に祝われました。

ダウンヒルの決勝は新旧の才能が混ざって表彰台を賑わせエキサイティングなものになり、総合ポイントも変動がありました。シンジケートのライダーたちは安定した結果を残し、グレッグが7位、ジョシュが13位、スティーブが28位でした。狙っていた成績ではありませんでしたが、パンクの被害にあった予選での走りを改善できて満足のようでした。

シンジケート チームのV10

決勝戦、ジョシュはレース序盤をうまく走り抜け最初の2つのスプリットで2秒近くタイムを上げましたが、終盤は正面からの風を受けて約3秒後退してしまいました。"最高の走りができてた感じだったんだけど、正面からの風はきつかった。"

ジョッシュ ブライスランド

予選を12位で終えたグレッグは早くに走りを終え、4:41:89という厳しい状況にいました。その後の6人のライダーがそれぞれが約1秒ずつ速いタイムを記録していき、最終的にトロイ ブロスナンが4:36:58のタイムでワールドカップでの初勝利を収めました。"序盤は上手く走れてるって感じてた。森の中では少しの間だけペダルを全力でこいだりもしたよ。表彰台には届かなかったけどひざの怪我の回復具合も順調だし、自分本来の強さが戻ってきてるのを感じれて嬉しいよ。"

石の上を疾走するピーティー

スティーブは総合17位、ジョシュは総合6位とそれぞれ総合順位を少し落としました。グレッグは順位を少し上げて総合8位につけました。来週末のレオガングでのワールドカップ戦では彼らが順位を上げてくることが期待されています。そしてグレッグはそこでの経験を活かして本気で表彰台を狙っています。

グレッグ ミナー

Thanks to the Syndicate sponsors:

SANTA CRUZ BICYCLES   FOX   SHIMANO   ENVE   MAXXIS   USWE
MUC OFF   CLIF BAR   WTB   FOXHEAD   CHRIS KING   LIZARD SKINS

6月 08 — 2014 | Fort William, Scotland | ニュース

You are viewing the site. Is that correct? YES NO - Choose Region